栗原工務店

家造りはWB工法!

家造りはWB工法!

 今流行りの「高気密」「高断熱」には私はどうしても馴染めませんでした。室内の空気を大掛かりな機械換気装置で入れ替える考え方で果たして良いのだろうか?ダクトの内部は長年の使用で必ずホコリやカビだらけになるはずだ・・。日本の伝統的な家造ではもっと自然に換気できていたのに、見た目の良さと安さ(施工性の良さ)で大量に使われるビニールクロスの湿り具合やカビの状態を何度か目にして「こんな家造で良いはずがない・・」と忸怩たる思いでした。
そんな中で出会ったのがWB工法でした。この工法を考案した長野の棟梁も、ちょうど私と同じように悩み、実験を繰り返したあげくたどり着いたのが透湿壁と形状記憶合金バネでした。
 世の中にはいろんな工法の家造りが宣伝されていますが、私がいろいろ調べた限りではやはりWB工法が一番自然で無理のない考え方だと思います。
日本に住んでいる限り、梅雨の湿度と夏の暑さ、冬の寒さは避けられない自然環境です。
この日本の自然と上手に付き合ってゆくためには、日本古来の木造軸組建築で夏の暑さを木陰の涼しさで避け、梅雨の湿気を壁体内通気で外部に排出し、冬の寒さを断熱性能の高い空気層で和らげるのが、体に無理のない自然な過ごし方ではないでしょうか・・?
しかも、室内壁をビニールクロスを使わずに透湿壁とすることで、室内の湿気を壁を透過して自然に屋外に排出し、同時にホルムアルデヒドをはじめとする化学物質や生活臭も湿気とともに排出するのですから、湿度が安定し、サラッとしたきれいな空気環境を維持することができます。
さらに、その壁体内の空気層を形状記憶合金バネで外気温に応じて自動的に開閉しコントロールするというアイデアには、他の工法にない素晴らしさだと自信をもってお勧めできます。
当然、冬場の窓の結露とは無縁ですし、奥さんが一番喜ばれるのは「押し入れの中までサラッとして、湿気取りを使わなくても良い!」ことです。
何しろ、押し入れの壁を透過して湿気が屋外に排出されるのですから・・・

 

関連ページ

防蟻剤(しろあり除け)はエコボロンPRO
WB工法と自然素材の栗原工務店のホームページ
塗り壁は「海藻土」
WB工法と自然素材の栗原工務店のホームページ
いちょうのまな板
WB工法と自然素材の栗原工務店のホームページ

ホーム RSS購読 サイトマップ